• 2019.04.05 Friday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

  • 2019.04.05 Friday 15:20
  • クオリティ オブ 産後ライフ
  • by tk-ogawa

 

新元号も『令和」と決まり、新しい時代の幕開けですね。

 

今日は、私が常日頃考えている「お産と痛み」について書いてみることにします。

 

みなさんご周知のとおり、当院では無痛分娩を実施しています。

これは硬膜外麻酔を用いて陣痛を取り除きながら産む方法で、

昨年は90名の方が無痛分娩で元気な赤ちゃんを出産しました(平成301月〜12月まで)。

 

出産を終えた方からは、

「痛みがないのに、産んだという実感はありました」

「上の子の出産とは比べ物にならないくらい楽でした」

など、嬉しいコメントが寄せられています。

 

さらに、当クリニックの特徴は

「分娩前の事前処置や産後の縫合のあとも痛くない」という声が多いこと

 

事前処置とは、無痛分娩の前日に子宮に入れて子宮口を広げる「ラミナリア悍」のことで、多くの場合、痛みを伴います。

また産後の処置では、会陰切開の縫合による痛みが残り、産後、円座がなければ座れないということも少なくありません。

 

これではせっかく無痛分娩を選んでも、結局「お産は痛い」「産後はつらい」という記憶ばかり残ってしまいます。

 

当院では、処置にも痛みを伴わない方法を用いることで、産前産後を通して「つらくないお産」に取り組んでいます。

 

実は、この「つらくないお産」は、その後の育児にもよい影響を与えます。

なぜなら、ママの体が楽ということは心にも余裕ができ、赤ちゃんが泣いてもぐずっても、

おおらかな気持ちで接することができます。

それによって、楽しみながら産後の育児をスタートすることも可能となります。

 

妊娠・出産は、女性にとって人生最大のイベントで、妊娠中は「無事に出産しなければ…」、

産後は「元気に育てなければ…」と、心は張りつめています。

そんな中、お産の事前処置が痛かったり、会陰切開のあとの痛みがつらければ、

赤ちゃんが泣いても、ママだって泣きたくなってしまいます。

 

さらに家庭に戻ったとき、まわりに相談相手がいない状況では、日に日に心に余裕がなくなり、

虐待など悲しいことが起こる可能性もゼロではありません。

 

「つらくないお産」は、ママたちが健やかな育児を始めるために、当院が最初にできること。

私はそう捉えて、ひとり一人の分娩と向き合っています。

 

 

 


  • 2018.12.31 Monday 10:49
  • 2018年忘年会
  • by tk-ogawa

 

今年も早いもので、師走です。

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

 

小川クリニックでは、1212日(水曜日)に恒例の忘年会を開きました。

場所は、ここ数年利用しているイタリアンレストラン「LEBEN GRANDE」。

 

今年もビンゴ大会など、ゲームで盛り上がりました。

 

木曜日の午後の外来を担当している朝倉先生と私。豪華?景品をゲットしました。


 

 こちらは水曜日の外来を担当している大内先生と鈴木副院長。


 

一等賞は助産師の浅野さんが、なんと!鮨久兵衛のお食事券をゲットしました!オバマ元大統領と同じものを食べてね!(あ、あれはすきやばし次郎でしたっけ?…)

 

3等賞のクルージング券は、受付の望月さんがゲットしました。

 

2次会は、毎年カラオケでしたが、今年は近くのバー。テーブルを囲んで、話に花が咲きました。

 

2018年ももうすぐ終わります。今年もお世話になりました。

来年がみなさんにとって、良い年でありますように!

 

 

 


  • 2018.09.23 Sunday 10:54
  • 目白ブラブラ!
  • by tk-ogawa

 

暑い夏が終わり、すっかり秋めいてきましたね。

 

先日の日曜日はお天気もよく、久しぶりにぶらりと目白駅近辺を散歩しました。このあたりにはなじみがあり、ときどき散歩に出かけます。

 

目白の裏通りには美味しいお店がたくさんあり、

「たまにはゆっくりランチでも」と、お目当てのお店に向かおうと近道をしたら、路地沿いに暖簾のかかった純和風のお店を見つけました。

 

「小苦楽」(こくら)https://www.kokura-bluecampjapan.com/という甘味処で、ちょっと見た感じが、江戸時代の茶屋のようで、なんとも風情のある外観です。

 

 

暖簾をくぐると、店内は畳敷きで、ぷんと井草のよい香りが漂います。

メニューは、あんみつ、豆かん、おしるこなどの甘味の他に、親子丼、カレーうどん、塩サバ定食など食事も充実。私は、カレーうどんを頂きました。

 

 

なんだか京都で過ごしているような感覚で、のんびり、まったりと

日曜の昼下がりを過ごしました。

 

たまには畳の上で、のんびり食事やお茶を楽しみたい人にはおすすめです。ぜひ行ってみてください。

 


  • 2018.07.31 Tuesday 10:28
  • より安全な無痛分娩を目指して
  • by tk-ogawa

今年の夏は、各地で40度近い気温を記録するなど、信じられないくらい暑いです。

みなさん、夏バテしていませんか?くれぐれも熱中症にならないように注意して

お過ごしください。

 

ところで、みなさんもご存じのとおり、当院では無痛分娩を実施しており、ご希望の方には可能な限りお応えするようにしています。

昨年、一部メディアで、無痛分娩で実施する硬膜外麻酔について様々な問題提起がありましたが、当院では開業以来、2500例近く硬膜外麻酔を行い、事故は1例もありません。

 

しかしその実績に驕ることなく、より安全な医療を提供するために、先日、日本医大永山病院、前麻酔科教授の山田光輝先生に講師としてお越しいただき、無痛分娩のスタッフ教育のための講演を行いました。

 

 

硬膜外麻酔の基礎から緊急時の対応などの話を1時間半にわたり講義していただきました。スタッフ一同、瞬きもせず聞き入っていました。

 

スタッフも脊髄の解剖や使用する薬剤など基礎からを学び、当クリニックのマニュアル、手技等安全性を再確認したようでした。

 

これからも、医師、助産師、看護師一同、安全第一で無痛分娩に取り組みます。どうぞ安心してお産に臨んでください。

 


  • 2018.05.14 Monday 11:04
  • アイスショー
  • by tk-ogawa

気が付けば、今年最初のブログの更新になってしまいました。

みなさま GWはいかがお過ごしでしたか?

 

私は、55日のこどもの日、「プリンスアイスワールド」の横浜公園(会場:KOSE新横浜スケートセンター)に行ってきました。40周年ということもあり、会場は満席、熱気に包まれていました。

 

そうそうたるメダリストたちの滑りも、また衣装や曲もスピーディに、鮮やかに変わる盛りだくさんな構成に、あっという間の2時間でした。

 

また、以前から親交のある安藤美姫さんのトークショーにも参加させていただきました。

 

先日、安藤さんが入院されていたのは知っていましたが、退院後2日後から12ステージも、今日観たハードなショーをこなしていたことに、とても驚かされました。

 

トークショーでは、被災地福島へかける思い、将来を担う子供たちへの思いなど、安藤さんの熱い思いが伝わりました。これからも頑張っていただきたいです!

 

2ショット、ありがとうございました(笑)


  • 2017.12.28 Thursday 10:51
  • 本の出版と忘年会
  • by tk-ogawa

今年もあっという間に年の瀬ですね。

2017年はみなさんにとってどんな年でしたか?

 

私にとって今年の大きな出来事といえば、11冊目の本が出版されたこと。11月に『いちばんハッピーな妊娠・出産』(成美堂出版)が発売されました。

 

4月頃から制作にかかり、当院で出産された患者様、外部関係者、当院スタッフの協力をいただきながら10月末にようやく完成しました。全224ページとかなり読み応えありますが、イラストや写真をたくさん使っていて、わかりやすく仕上がったと思います。

 

表紙に『ベビーキティ』『ベビーダニエル』と、サンリオのキャラクターが仲良く並んでいますので、本屋さんで見かけたときは、ぜひ手に取って見てください。

 

さて、話は変わりますが、今年も1213日(水曜日)に忘年会を開催しました。お店は、ここ数年利用している池袋サンシャインアルパ内のイタリアンレストラン「レーベングランデ」です。

 

まずは私の挨拶と乾杯!

 

今年も「あみだくじ」「ビンゴ」「じゃんけん」と、当たれば豪華景品がゲットできるゲーム大会が充実です。

 

じゃんけん大会は、朝倉先生との勝負に勝ちぬいた人が年末ジャンボ宝くじをゲットできます。今年は副院長がみごと獲得!

 

私もビンゴ大会で景品をいただきました。

 

 

今年も小川クリニックが安全、安心な医療を提供できたのもみなさまのおかげです。

来年もよりいっそうがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 


  • 2017.12.11 Monday 10:43
  • 赤星とくまがい
  • by tk-ogawa

12月になり、急に寒くなりましたね。紅葉見物に行きたいなぁ、と思っているうちに、

終わってしまいそうです。(毎年のことですが・・・)

 

先日、友人と麻布十番の和食屋さんに出かけました。食事に合わせて日本酒をペアリングしてくれるのが売りの店です。十番の外れの7階で、その日、おすすめの料理に合わせた日本酒が1杯ずつ出てきます。店の名は「赤星とくまがい」です。

 

お店の名前の由来は、ソムリエ&利き酒師の「赤星さん」と、シェフの「熊谷さん」が二人で営業しているとのこと。

 

その日はカウンター席をキープして、料理8〜9品に合わせた日本酒を8〜9杯。呑んだことのないような珍しい日本酒を頂きました。

 

こちらは「鮮魚と青さ海苔」

 

 

 

上は「かぼちゃとウニのスープ」

下が「モツァレラとミニトマトのカプネーゼ」

 

 

一品一品出てくる料理と日本酒をゆっくり楽しむ至福の時間でした。また好きな日本酒の話で盛り上がった夜でした。

   

 


  • 2017.11.20 Monday 11:35
  • 妹の退官パーティーに出席しました
  • by tk-ogawa

秋も深まり、都心の紅葉も少しずつ色づきはじめていますね。

 

久しぶりのブログ更新です。(間があきすぎて、長い間スポンサー広告が出たままに・・・(汗)。

 

さて、私には妹が二人います。 一人はみなさんよくご存じの、小川クリニックで内科を診ている副院長の鈴木美保子。

もう一人は斎藤加代子(よく妹ではなくお姉さん言われます())。小児神経専門医で、臨床指導専門医・指導医です。

長い間、東京女子医大で遺伝子医療センターのセンター長、小児科の教授、女子医大の副学長を務めてきましたが、このたび退官いたしました。

 

先日、その妹の退官パーティーが京王プラザホテルであり、鈴木美保子と夫の鈴木一郎先生(前日赤医療センター副院長))とともに出席してきました。

 

パーティーは 学生たちの踊りあり 小さな孫たちからの花束贈呈ありとなごやかで楽しいものでした。

また、一緒に女子医大附属遺伝子医療センター12周年記念式典の講演があり 

設立時から頑張ってきた妹の努力に感じ入りました。

 

私たち兄妹は会ったり話したりしていますが、仕事でも連携をとっています。

齋藤には 当院で生まれた新生児の診察に来てもらったり、また最近は遺伝子関連の検査(NIPT)で妊婦さんを紹介したりとお世話になってきました。

 

今後も、遺伝子医療センターのセンター長は続けるということでしたので、これからもお世話になると思いますが、ひとまずは、本当にお疲れさまでした。


  • 2017.01.13 Friday 17:35
  • 2017年 初詣
  • by tk-ogawa

今年のが日は、穏やかな天気に恵まれて、ほんとうにいいお正月でした。

 

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、毎年恒例ですが、今年も元旦に、新井薬師にある氏神様「薬師寺」に初詣に行ってきました。

 

開院以来、初詣は薬師寺で、今年で21回目になります。

以前もブログに書きましたが、ここは都内でも有数の著明寺院で、

参拝するまでにかなり並びますが、今年は暖かいせいか、さほど苦にはなりませんでした。

 

順番がきたので、お賽銭を奉納し、昨年1年間無事に過ごせたことと、今年もお産の神様がクリニックを見守ってくださるように祈願しました。

 

毎年、お願いしているせいか、お産の神様は長いことクリニックに住み着いてくれているような気がします(笑)

 

おみくじを引いたら、年頭から縁起良く、大吉!



 

今年も頑張ります!


  • 2016.12.30 Friday 13:52
  • 今年もお世話になりました
  • by tk-ogawa

今年は少し早めでしたが、1214日に、恒例!小川クリニックの忘年会を開きました。

なんと!21回目です。

 

お店は昨年と同じ、池袋サンシャインアルパ内の「レーベングランデ」。肉・魚料理、ピザ、パスタがおいしいイタリアンレストランです。


 

まずは、日ごろからお世話になっている外部の方々、スタッフへ、私からのお礼の言葉と来年の抱負。



 

 

小川クリニックの忘年会といえば、ゲームと豪華景品です。まずはビンゴ大会。私、朝倉先生、副院長も景品ゲットでご満悦(笑)。

 

全員参加のじゃんけん大会。今年は二部制で、最初は「あと出しじゃんけんで負けたら次に進める」というルール。司会者が、例えば「グー」を出したら、一呼吸おいて「チョキ」を出して負けたら、次に進めます。簡単なようで難しく、全員で脳トレ?

 次はふつうのじゃんけん。私とじゃんけんして、最後まで勝ち抜いた人が優勝です。景品は、豪華!今半の和牛肉や、当たれば億万長者!宝くじです。

 

 

 最後は副院長の締めの挨拶です。

 

忘年会が終わると、暮れに向け、いっきに時間が加速したように感じます。

今年もみな様のおかげで、小川クリニックは忙しく、活気ある中、新年を迎えることができそうです。

 

来年も、スタッフ一同がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 
  


<<new | 1 / 7pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.